イスラエルからの出国方法

旅行

イスラエルからの出国(空路)方法
現在、多くの航空会社ではオンラインチェックインを導入しています。そのお陰で出発時刻の1時間前や45分前に空港に着かれる方もいらっしゃるでしょう。
しかしイスラエルで、もしもあなたが出発1時間前に空港に着いたら、それはを意味します。
いえ、2時間前でも同じです。あなたは日本へ帰国することができないでしょう
なんと、イスラエルから空路で出国する場合は、3時間前に空港へ着いていなければなりません
「お前の情報なんて信用できない。俺は私は、今まで通り1時間前に空港に着くんだ。」という方は、1時間前に空港に着いて飛行機に乗れず、翌日の航空券を購入し、翌日も1時間前に空港に着くという事を永遠と繰り返しておいて下さい。
私は、個人的にそういうお方嫌いじゃありません。でも貴重なお金と時間を無駄にして欲しくないので、今から出国について書いていきたいと思います。

・出国までの流れとしては以下のとおりです
1.質問タイム
2.チェックイン
3.手荷物検査
4.出国審査
では1つずつ解説していきたいと思います。

まず出国における最初にして最大の難関が1の質問タイムになります。
普通のRPGゲームだとゲームを進める事に難易度が上がり最後にラスボスが現れます。
しかしイスラエルでは違います。最初から難易度100のラスボスが登場してきます
ポケモンで例えるなら、オーキド博士と別れて最初に踏み入った草むらでレベル100のレックーザーが現れるようなものです
マリオで例えるなら、ステージ1-1でお馴染みのクリボーが出てくるあの場面で、代わりにクッパが現れるようなものです

チェックインカウンターの前に列ができておりそこに並び、係員からされる質問に答えたら、やっとチェックインの列に並べるというシステムです。
どんな質問をさせるかというと、
・イスラエルで何をしたのか?
・どこに泊まったのか?
・イスラエルに友人はいるのか?
・その友人は何をしている人なのか?
・その友人は兵役に就いたことはあるのか?
・パレスチナに行ったか?
・あなたの職業は?
・家族の職業は?

などなど私はこれ以外にもたくさん質問されました。その質問ってなんの意味があるの?と聞きたくなる質問もたくさんされました。また、1人の係員の質問が終わったら別の係員が同じような質問をしてきます。
私は結局計3人の係員から質問されました。
これにかなりの時間を費やされます。
無事に最初で最大の難関1をクリアされたあなたは、次に2.チェックインへと進むことができます。

チェックインに関しては普通です。なので休息タイムと思って下さい

次は3.手荷物検査です。
イスラエルの手荷物検査はとても厳重ですので覚悟しておいて下さい。
機内持ち込み荷物、靴、服などを検査されます。
荷物に関しては、全て外に出され視力検査の棒のような物でペチペチ荷物を触られます。もちろんパンツもです。ペチペチし終わったらその棒を謎の機械に差し込んで結果を待ちます。緑色が表示されると問題無しという意味らしいです
手荷物検査はとにかく時間がかかります。
手荷物検査をクリアされたあなたは残すところあと1つ、出国審査のみです。ここまでくれば、祖国までもう少し。

4.出国審査
ここまで如何にイスラエルから出国するのが大変かという事を、お伝えしてきました。
読者の皆さんはもうお気づきだと思います。
そうです、イスラエルの出国審査はとてもとてもアッサリしてます
パスポートと入国の際に貰ったカードを審査官に渡して、パスポートが帰ってきたらおしまいです。

先ほどまでとの振り幅が大きすぎてパスポートを返されてもその場に立ち尽くしてしまいました。
さっきまであんなにたくさんプライベートな質問をしてきて、こちらのことを知ろうとしてきたのに、最後の最後でこんなアッサリとした扱いおかしい。そっちが積極的にアプローチして来たからこっちもその気になってたのに」と、イスラエルから出国する際は毎回、なんだか失恋した気持ちになってしまいます。
失恋体験をしたいという方は是非イスラエルを一度訪れてみて下さい!

Twitter @cshbkt
Instagram tomomiliverpool
Facebook Tomomi Kusakabe

執筆者 日下部智海

コメント