天声小悟:食パン屋の行列

 麻布十番にある生食パン専門店「乃が美」に足を運んだ。開店から10分ほどしか経っておらず、しかも平日だというのに150人の行列ができている。ただ、想像と違うのは、行列でいっぱいの歩道が幸せそうな表情であふれていたことだ▼ガラス越しに店内を見つめる姿と周囲を包む穏やかな食パンの香りに頬が緩む。もちろん、割り込みをする人など1人もいない。その場にいる誰もが、食パンに夢を見ているようだった。そんなことを思っていると、すぐ横の環状3号線でクラクションを鳴らしながら、猛スピードで駆け抜けるセダンが見えた▼昨今、あおり運転が社会問題となっているが、そのほとんどが運転者のエゴである。走る凶器に乗っているから、自分に力があると錯覚し、それを誇示したくなるのだろう。思うようにいかないと、心に余裕が持てなくなり、危険な運転をしてしまう▼列に並ぶマナーと交通ルール。双方の違いは何だろうか。自己の欲求?いやいや、どちらの状況にも変わりはない。それにも関わらず、人が死んでも翌日にはまた別のあおり運転が。車内に食パンかディズニーのぬいぐるみを置けば変わるとは思えない。

コメント